fc2ブログ

学生時代の友達は一生もの…とは言うけれど

保育園から中学校までずっと一緒だった友達がいました。小学校まではよく一緒に遊んでいたのですが、中学校からはクラスが変わったり部活動が違ったりといったことが重なり、お互い忙しくなったのもあって遊ぶ機会が減っていきました。やがて廊下ですれ違っても挨拶すらしなくなってしまいました。
学生時代の友達は一生もの、と聞いたことがありますが、思い返してみるとそうでもないなと思います。もちろん本当に何十年も交流が続く人もいるのでしょうが、私とその友達の場合は違ったようです。
でも、子どものころ一緒に過ごした思い出はそう簡単には消えません。遊んだこと、ケンカしたこと、お互いの家に行ったこと、少し遠出をしたこと…。子どものころだからこそ記憶が鮮明に残っているのかもしれないですね。
考えてみれば、どんなに仲の良い友達でもいずれは疎遠になってしまうのが普通です。地元が同じでも進学や就職でコミュニティの場所が変わりますし、転勤や結婚などで遠くに行ってしまうこともあります。家族が増えたら忙しくなって連絡する時間も減るでしょうし、それぞれ新しいコミュニティを築き上げているはずです。
最初こそ寂しいなと思いましたが、成人してしばらくたった現在は寂しさを感じることが減りました。その代わりに、思い出を大切にしようと思っています。
そして今関わりのある人たちを大切にして、できる限り交流を続けていきたいです。交流の場がシフトしていったと思うと気が楽になるんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト



プロフィール

jukudotto

Author:jukudotto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR